FX用語集 - FX比較

五十音から探す

あ行

アイザー・ウェイ

「ビッド」も「オファー(アスク)」も同じレートという意味。 「チョイス(choice)」ともいう。
買いのオーダーと売りのオーダーを同じレートで提示することを指す。

相対取引(あいたいとりひき)

外国為替市場では、株式市場のように「特定の場所」での取引は行なわれない。つまり取引所などを介さず、「銀行」対「銀行」、
「銀行」対「顧客」といった売り手と買い手が直接に取引すること。1対1で売り手と買い手が決めた取引価格、取引の方法で取引を
する。(=OTC取引)

アスク(Ask)

プライスを提示する側の売り値、売り気配値のこと。オファー、ビッドと意味は同じ。提示された側はそのプライスを買うことになる。
(⇔ビッド)

アマウント(Amount)

外国為替取引の「取引量」「取引単位」のこと。

ECB(European Central Bank)

欧州中央銀行のこと。1999年のユーロ発足に先立ち、1999年のユーロ(EUR)発足に伴い、
1998年新たにユーロ圏の中央銀行として設立された。
定例記者会見等のECB総裁の発言は、米国FRB議長の発言と同じく、為替動向に影響を与えるものとして注目される。
ECB本部は、フランクフルト。

委託証拠金(委託証拠金)

取り引きにあたって、業者にはじめに預け入れる証拠金(保証金)。
多くの業者は、顧客がポジションを持つに当たっての最低証拠金(イニシャルマージン)を設定している。

EBS(Electronic Broking System)

電子仲介システムのこと。人を介することなく、売買注文を各銀行などの端末にインプットして、
直接為替取引の注文を出すことができる。

イフダン(If Done)

順位のある2通りの指値または逆指値のオーダーを同時に出し、優先したオーダーが約定した後に、
自動的にもう一つのオーダーが有効になる注文方法のこと。

インターバンク市場(Inter-Bank Market)

銀行間で相互の資金の運用と調達を行う取引を行う市場のこと。取引参加者は主に中央銀行、市中銀行、証券会社などがある。

ウォールストリート(Wall Street)

ニューヨーク・シティにある金融街のことです。NY証券取引所があり、大手の証券会社や銀行が集中しています。

売り持ち(うりもち)

外貨を売った状態のことを「売り持ち」または「ショート」という。
ドル/円でショートといえばドル売り・円買いの状態を指し、外国為替のポジションを売って持っていること。
その逆は「買い持ち」または「ロング」という。

FRB(Federal Reserve Board)

米連邦準備理事会。連邦準備制度の政策決定機関。他国の中央銀行に相当する。
14年任期の理事7人によって構成される。議長・副議長は4年任期で、理事の中から任命される。
議長・副議長・理事は大統領が上院の助言と承認に基づいて任命する。
金融政策の策定と実施を任務としており、また連邦準備制度の活動の最終責任を負う。

FFレート(Federal Funds Rate)

米国の代表的な銀行間の短期金利のこと。日本の日本のコール金利に相当する。
米国でも日本でも、市中金融機関は預金残高に応じて中央銀行に準備預金(フェデラル・ファンド)を預け、
そのために必要な資金を銀行間市場から調達する。その際の無担保で資金を貸借する時の金利のことを言う。

FOMC(Federal Open Market Committee)

米国連邦公開市場委員会。FRBが定期的に開く会合で、FRB理事7人と連邦準備銀行総裁5人(ニューヨーク連銀総裁と、
持ち回りで選ばれる他地区連銀の総裁4人)により構成される。議長はFRB議長、副議長はニューヨーク連銀総裁が担当する。
FOMCは年間8回開かれ、米国の連邦準備制度の金融政策に基づく公開市場操作
(マネー サプライの調節、金利・為替水準の誘導等)の方針の決定を行なう。

オーシーオー(OCO:One Cancel Other)

損切りを目的とした注文方法。種類の異なるこの2つの指値注文を同時に出し、どちらか1つの取引が約定した場合はもう1つの注文が自動的に取消される注文方法のこと。
どちらかが約定した時点で、もう一方は自動的に取り消されるため、相場が予測と違う方向へ動いた場合のリスク管理が可能となる。

オーティーシー(OTC:Over The Counter)

相対取引のこと。取引所などを介さず、「銀行」対「銀行」、「銀行」対「顧客」といった売り手と買い手が直接に取引すること。
1対1で売り手と買い手が決めた取引価格、取引の方法で取引をする。

オーダー(Order)

リーブオーダーの1種で、いわゆる指値注文のこと。

オファー(Offer)

プライスを提示する側の売り値、売り気配値のこと。アスク。提示された側はそのプライスを買うことになる。(⇔ビッド)

オプション取引(Option)

一定の期日までに、ある商品を一定の数量、あらかじめ決められた特定の価格(権利行使価格・行使レート)で「買う権利」、
または「売る権利」のことをオプションといい、この「買う権利」、「売る権利」を売買することをオプション取引という。

▲ページトップへ戻る

か行

外国為替市場(がいこくかわせしじょう)

外国為替取引が行われている市場。「市場」といっても、証券取引所のような具体的な取引所はない。
取引参加者は、お互いにレートを出し合い、電話回線や端末を用いて相対取引を行っている。

買戻し(かいもどし)

保有する売りポジションを決済するために、買付けること。

機関投資家(きかんとうしか)

普通銀行、投資信託会社、生命保険会社、損害保険会社、信用金庫、政府系金融機関、ヘッジファンドなど、
個人や企業から預かった大量の資金を長期的な観点から資産運用する企業投資家のこと。

ギブン(given)

外国為替市場で「売れた」こと。

逆指値注文

売買注文発注時に、「指定の価格以上なら買い、指定の価格以下なら売り」というように「売値」と「買値」を指定する注文形態のこと

キャピタル・ゲイン

株式、土地、債権などの保有資産の購入価格よりも、売却価格が高いことにより得られる利益のこと。(⇔キャピタル・ロス)。

キャピタル・ロス

株式、土地、債権などの保有資産の購入価格よりも、売却価格が下がるにより生じる損失のこと。(⇔キャピタル・ゲイン)。

キャリートレード

低金利の通貨で資金を調達して、高金利の通貨で投資すること。

協調介入

為替相場の行きすぎを調整するために、複数の国間で為替レートを一定の水準まで誘導するよう、市場介入を協力して行うこと。
協調介入は、ある種の経済的なゆがみ、不均衡があり、それによって複数の国の利害が総合的に悪いと判断されるときに、
当該国間で協議し行うものであり、為替レートを人為的に一方向へ操作するほどの強い影響力がある。
ただし、協調介入を行っても、マーケットがこれを予測してすでに織り込んでいる場合があり、サプライズ感が無く大きな影響を
与えない場合もありえる。
協調介入は為替レートの誘導目標を公開するのが普通であり、これによって市場参加者の思惑売買を誘導するため、大きな影響力を持つ。

クロス取引(Cross Trade)

対ドル以外の為替取引のこと。EURクロスと言えば、米ドル/EUR以外のEURを中心にした取引(EUR/JPYやEUR/GBPなど)を
意味し、円クロスといえば米ドル/円以外の円を絡めた取引(EUR/JPYや GBP/JPY、またはCHF/JPYなど)を意味する。

クロスレート

米ドル以外の組み合わせの通貨取引レートのこと。例えば、ユーロ対円、ユーロ対ポンドなどの取引レートを言う。

経済成長率

景況がどれだけ上向いたかの割合。多くの場合、GDPの成長率が経済成長率のバロメーターとして扱われる。

気配値

外国為替相場で取引されているおおよそのレートのこと。

公定歩合

取引する相手方のこと。

▲ページトップへ戻る

さ行

差金決済(さきんけっさい)

決済時に原資産の受渡しを行わず、最初に買った時(売った時)の価格と決済した時点の価格との差額により算出された
損失又は利益に応じた金額(差金)の授受により反対売買すること。

指値注文(さしねちゅうもん)

自分があらかじめ指定した売買の値段で注文する方法のこと。リミットオーダー。

先物相場(さきものそうば)

外貨を売りまたは買う場合、その取引の履行は将来にかかるが、その契約をいま約束しておくのが先物取引であり、
その売買相場のことをいう。

直物取引(じきものとりひき)

銀行間の外国為替取引の一つで、取引の翌々日(取引日から起算して二営業日後)に資金の受払いをする取引のこと。
スポット取引。

G7

Group of Sevenの略で、国際通貨基金の暫定委員会や総会の際に併せて開かれる、アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・ イタリア・
カナダ・日本の7ヶ国の蔵相・中央銀行総裁による国際会議のこと。この会議では、国際的な経済・金融の政策について話し合われる。

ジーティーシー

Good Till Cancelの略で無期限の指値注文。一度指値注文(または逆指値注文)を出したら、約定またはキャンセルするまで有効な
注文のこと。

自動ストップロス

相場が不利な方向へ進んだ場合の多額な損失を未然に防止するために、損失額が一定の割合を超えると自動的にポジションを
決済(損失を確定)させる仕組みのこと。

証拠金

外国為替証拠金取引(FX)をしていく上での担保となる預託金のこと。

ショート(Short)

ある通貨の売り持ちの状態(売りポジション)のこと。ショートポジションともいう。(⇔ロング)

信用取引

証券会社に委託保証金や有価証券を担保として預け、証券会社から株券やお金を借りて、株式の売買をすること。

ストップ注文

設定した価格よりも高くなったら買う、設定した価格よりも安くなったら売るという注文方法。逆指値注文とも呼ばれる。

スプレッド

買値(アスク)と売値(ビッド)の価格差のこと。

スポット(Spot)

銀行間の外国為替取引の一つで、取引の翌々日(取引日から起算して二営業日後)に資金の受払いをする取引のこと。
直物取引(じきものとりひき)。

スポットレート(Spot Rate)

直物取引(スポット)のレート(取引日から起算して二営業日後)の為替レートのこと。

スリッページ

指定した価格と成約価格との価格差のこと。相場の変化により、このスリッページが大きくなる場合がある。

スワップポイント

外貨によって金利が違うため発生する、2種類の通貨の金利差。スワップ金利と同義。

政策金利

一般的に金融政策をリードする中央銀行が決定権をもつ金利のことで決定した金利が経済状況に大きな影響を与えることから非常に
注目されている。
為替レートの大きな変動要因の一つ。

生産者物価指数(PPI)

生産者の卸売り価格を指数化したもの。物価変動は経済政策に大きな影響を与えるため、市場関係者の注目度が高い経済指標となってる。
消費者物価指数(CPI)と共に、インフレ率及び物価変動率の判断材料として用いられている。

損切り

ポジションを反対売買によって決済し損失を確定すること。

▲ページトップへ戻る

た行

ダイレクトディーリング(D.D.)

銀行間取引で、銀行同士がブローカーや電子ブローキングを通さずに直接取引すること。

ダン

取引が成立したことを表す。

ツー・ウェイ・プライス(Two Way Price)

買値(アスク)と売値(ビッド)の両方を同時に表示すること。

通貨単位

外国為替市場でのドルの対円相場(ドル/円レート)は通常、銭単位で取引される。
まれに「毛(銭の100分の1)」の単位で建値されることもあるが、銭が基本単位。
ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.3435ドルなど1ドルの1万分の1が基本単位となっている。

通貨ペア

「ドルと円」「ユーロとドル」といったように、取引する2国通貨の組み合わせのこと。FX取引会社によって、通貨ペアの種類は異なる。

デイ・オーダー(day order)

指値注文の有効期限を、その日のNY市場のクローズまで有効にする注文方法。

TTM(Telegraphic Transfer Middle rate)

外国為替取引のTelegraphic Transfer Rate(電信相場)で使われる略語で顧客向けレートの基準になる相場のこと。仲値。

TTS(Telegraphic Transfer Selling rate)

銀行が顧客に外貨を売るときの為替レートのこと。

TTB(Telegraphic Transfer Buying rate)

銀行が顧客に対して外貨を買い取るときの為替レートのこと。

デイ・トレード (Intra-Daytrade)

株式などの銘柄を同日内の売買でポジションをクローズする取引方法。一日で損益に関係なくクローズする。

T-BOND

米国財務省の長期国債のことをいう。

ディーリング

証券会社や銀行などが、自己勘定で株式や有価証券、外国為替などに投資すること。

テクニカル分析

過去の価格や時間の推移などから、いわゆる市場内部的要因のデータを統計的に分析して、
将来の価格や相場の方向性を分析・予測するもの。
株と同じように始値、終値、高値、安値のチャートを基に分析を行う。

デリバリ

外貨の受渡しのこと。反対売買ではなく、買いつけた外貨建玉で決済を行う。

投機

短期的な予測に基づいて価格の変動で大きな利益を得る取引のこと

投機筋

投機筋とは、レートの変動による利益を目的に売買を行う投資家のこと。
主に短期間の売買を行う投資家を指す言葉でスピキュレーターともいう。

取引証拠金

取引の担保となるお金のこと。

▲ページトップへ戻る

な行

仲値

顧客向けレートの基準になる相場のこと。TTM。

成行注文

自分が「買いたい」もしくは「売りたい」と思った時に、価格を指定せず即時に取引を成立させる注文方法。
銘柄と数量だけを指定する。

日銀短観

全国企業短期経済観測調査のこと。
四半期に一度(3月・6月・9月・12月)に日本銀行が発表する、企業アンケートの調査結果をまとめた経済動向である。
とくに業況判断は企業の景気についての総合判断を示すものとして市場から最も注目されている調査項目である。

ニューヨーククローズ

ニューヨーク市場の取引終了時の価格のこと。外国為替市場において便宜的 に1日の終了とされる。
日本時間午前7時を指す。(米国夏時間では日本時間午前6時)

ニューヨーク証券取引所

アメリカの証券取引の中心市場です。日本の東京証券取引所、イギリスのロンドン証券取引所と並んで、
世界の主要株式市場の1つに数えられています。

ニューヨーク証券取引所

アメリカの証券取引の中心市場です。日本の東京証券取引所、イギリスのロンドン証券取引所と並んで、
世界の主要株式市場の1つに数えられています。

値洗い

まだ決済していないポジションを清算値段により評価替えを行うこと。
ある時点のレートで評価して、いくらの含み損益が出ているかを表す。
値洗いは、金融先物取引所で毎日営業終了後に行われる。

値頃

売買にちょうど適していると考えられる価格水準のこと意味します。

ノーオファー

売り手がいないことをノーオファー(オファーがない)といい、買い手がいないことをノービッド(ビッドがない)という。

▲ページトップへ戻る

は行

反落

上昇相場の時に一転して下落した状況。

バーチャート

高値と安値を縦線で結んだもの(棒足)に、 終値を横線で書き足したもの。

ビッド(Bid)

外国為替市場で、プライスを提示する側の買い値のこと。
提示された側はそのプライスで売ることになる。(⇔オファー、アスク)

フォワード

先渡し為替。約定した日から3営業日以降の将来の一時点において決済する約束の外国為替取引。

プットオプション

対象となる商品(原商品)を、決められた期日までに、決められた価格で売る権利のこと。
対象となる金融商品を決められた期日までに、あらかじめ定められた権利行使価格で売る権利のこと。
(⇔コール・オプション)

プライス注文

現在の実情レートを見て注文を出し、そのレートで取引をする注文方法。

ヘッジ

ある取引から生じるリスクに対して、逆サイドのリスクを持つ取引を行うことによってリスクを回避する手法のこと。

ポジション

外国為替市場で、プライスを提示する側の買い値のこと。
提示された側はそのプライスで売ることになる。(⇔オファー、アスク)

▲ページトップへ戻る

ま行

マージン

外国為替証拠金取引(FX)をしていく上での担保となる預託金のこと。証拠金(保証金)。

マージンコール

損失が一定レベルを越えたときに業者に追加証拠金の差し入れをすること。

マイン

買ったことを表す言葉。

前日の値段から離れた値段で寄り付き、引けて、前日の価格との間に空白を作った場合、その部分を窓と呼びます。

もみ合い

レートの動きが小幅で、上下に変動を繰り返す状態のことを言います。

▲ページトップへ戻る

や行

約定日

取引が約定した日のことを言います。

安値圏

相場が低い水準で推移していることを言います。

ユーザンス(Usance)

手形の支払期限のこと。または、一覧払手形に対する期限付手形のこと。
もしくは、期限付手形によって一定期間支払を猶予すること。

ユアーズ(Yours)

現在の実情レートを見て注文を出し、そのレートで取引をする注文方法。

呼値(よびね)

売買取引で値段を決める際の値動きの最小単位のこと。

▲ページトップへ戻る

ら行

ラインチャート

終値だけで描かれていて、その日の高値と安値を無視しているチャートのことです。

ランダムウォーク

市場価格の変動には規則性がないということを表す金融工学の用語のことを言います。

リーブオーダー

指値注文や逆指値注文など、価格や有効期限などを指定して発注した売り買いの注文の総称のこと。

リーブオーダー

売買取引で値段を決める際の値動きの最小単位のこと。

リミットオーダー

自分があらかじめ指定した売買の値段で注文する方法のこと。指値注文。

レバレッジ

日本語で、梃(てこ)の意味。FXでは証拠金を担保にその何倍もの外貨取引が可能になる。
これを『レバレッジ効果』という。取引業者によっては100倍以上の高レバレッジが設定可能である。
逆に証拠金と同額の外貨を取引する(レバレッジ1倍)という外貨預金に近い比較的低リスクな取引もできる。

ロスカットルール

損失が一定額を超えると、強制的に反対売買がなされるシステム。

ロールオーバー

未決済ポジションを翌日持ち越しすること。

▲ページトップへ戻る

わ行

ワイダー・バンド

変動為替相場制を採用する場合、変動幅を大きくとっていること。

割引手形

銀行が、手形所持人の依頼に応じ、指定期日までの利息の割引により入手する手形。

▲ページトップへ戻る